矯正歯科

  • HOME > 
  • 矯正歯科

自分の歯並びが気になっている方、いらっしゃいませんか。

歯並びがよければ、お手入れもしやすいし、自信をもって笑えるのに・・・

なんて考えている方、いらっしゃいますよね。

歯並びが乱れていると、見た目が気になるのはもちろん、歯が重なっている部分に食べ物のカスがたまりやすくなり、その結果、虫歯や歯周病が進んでしまうことがあります。

当院には様々な矯正のオプションがあります。
最適な方法で、理想的な歯並びを手に入れてください。

 

 

※必要に応じ、特殊な治療方法や装置を使うこともあり、期間や費用が変わってくる場合があります。矯正の治療は、とても多くの方法があり、実際に診察しなければ治療方針を決定することができません。そのため、お電話のみでのご相談はできかねますので、ご了承ください。

矯正歯科
1.ワイヤー・ブラケットを使った矯正
◎全顎 700,000円(税別)
◎片顎 400,000円(税別)
◎一部 100,000円(税別)~
 ※ワイヤー交換が必要な場合には1回あたり5,000円の費用がかかります。


叢生・ワイヤー矯正前
叢生・ワイヤー矯正後

反対咬合、叢生・ワイヤー矯正前
反対咬合、叢生・ワイヤー矯正後

空隙歯列・ワイヤー矯正前
空隙歯列・ワイヤー矯正後

※必要に応じ、特殊な治療方法や装置を使うこともあり、期間や費用が変わってくる場合があります。矯正の治療は、とても多くの方法があり、実際に診察しなければ治療方針を決定することができません。そのため、お電話のみでのご相談はできかねますので、ご了承ください。

2.マウスピースを使った矯正
歯並びを治そうとしたときに真っ先に思い浮かぶのは、歯の表面にボタンのようなもの(ブラケットといいます)をつけてそこにワイヤーを通す、「ワイヤー矯正」ではありませんか?

歯並びは治したいけど、アレを付けるのは痛そうだし目立つし・・・。
ちょっと躊躇してしまいますよね。

でも今は、あの装置を付けなくても、歯並びが治せるのです。

その方法とは
「マウスピース矯正」といいます。

マウスピースという歯列の形をした、薄くて透明なマウスピースを装着し続けることで、目立たず痛みも少なく、歯列矯正ができるのです。
自分で取り外しができるので、歯磨きも簡単にできて清潔も保ちやすいですし、歯科医院での調整もワイヤー矯正に比べて楽です。

歯並びを治したい方は
一度、検討してみてはいかがでしょうか?

良い歯並びは、一生の財産になりますよ。
でも、歯並びによっては、マウスピース矯正ができない方もいらっしゃいます。
矯正を受けたいとお考えになっている方は、まずは当院にご相談ください。

マウスピース矯正は
こんな方にオススメです。

・矯正していることを、なるべく知られずに、目立たない装置で矯正したい
・管楽器を吹いているので、演奏を続けながら矯正もしたい
・スポーツをしているので、ワイヤー矯正の装置で口の中を傷つけたくない
・矯正中も口の中を、なるべく清潔に保ちたい
・イベントなどがあって、矯正の装置を一時的に外したい場合がある
・以前に矯正をしたが、後戻りしてしまった

当院は、マウスピースで多くの患者さんを矯正治療した医院に与えられる
「ゴールドステータス」を、開業した2016年から連続で獲得しております。
 
[価格]
◎診断……………………30,000 円(税別)
 
◎ 7セットまで………400,000 円(税別)

開始から6か月以内のアライナー再作成は1回のみ無料となります。6か月以上1年以内の再作成は1回あたり30,000円となります。

 
 ◎14セットまで………500,000 円(税別)

開始から2年以内のアライナー再作成は1回のみ無料となります。2回目以降の再作成は1回あたり30,000円となります。

 
◎28セットまで………600,000 円(税別)
 
◎42セットまで………700,000 円(税別)
 
◎56セットまで………800,000 円(税別)
 
◎70セットまで………900,000 円(税別)
 
◎84セット以上……1,000,000 円(税別)
調整料、リテーナーなども含めた料金です。

 

インビザライン郡山ラポール歯科ではインビザライン社のマウスピースを使用しています。 


叢生・マウスピース矯正前
叢生・マウスピース矯正後

叢生・マウスピース矯正前
叢生・マウスピース矯正後

空隙歯列・マウスピース矯正前
空隙歯列・マウスピース矯正後

3.ムーシールドを使った矯正
料金:54,000円〜(税別)
全体でなく、部分的に歯並びを矯正する方法です。
装置、範囲などにより、金額が変わります。


 

 

床矯正
価格:100,000円(税別)~
ブラケットやワイヤー、マウスピースなどを使わない、取り外し式の装置を使った矯正です。主に小児が対象となります。
 


床矯正装置

床矯正前
床矯正後
 
expand_less