歯の病気と治療

  • HOME > 
  • 歯の病気と治療

天然の歯を大切に

従来の歯科医院で行われてきた「むし歯」の治療は、再発を防ぐために「むし歯以外の範囲も削る」ことが当たり前に行われてきました。しかし、現代では可能な限り歯を削らず、また歯髄(歯の神経)を取り除くことなく、できる限り生まれ持った「天然の歯」を残す治療が重要視されています。

近年では、歯科医療の分野も目まぐるしい進歩を遂げ、優れた歯科材料や歯科技術が増えてきました。天然の歯により近い人工歯の治療も可能となり、歯を失った患者さんの選択肢が増えてきたという点では、良い傾向にあります。

しかし、患者さんに理解いただきたいのは、「天然の歯に勝るものはない」ということです。たとえ効果で最新の歯科材料や技術を持っても、人工物であることに変わりはありません。
そのためには、むし歯や歯周病を未然に防ぎ、人工物を詰めたりかぶせたりせざるを得なくなる状況を生まないことが大切です。
予防の大切さを患者さんにお伝えしながら、健康で豊かな生活を送るための良きパートナーとして、お口の健康をお守りできたらと思います。

 

むし歯の治療

患者さんへのお約束

巷間では「削らない!」「抜かない!」などのような喧伝をされている歯科医院が増えてきました。患者さん自身もよく目にする機会があると思います。
当院では、そのような幻想的ともいえることを患者さんにお約束することは一切いたしません。実際、むし歯に罹患した歯は削ることが必要な場合が多いです。また重度の歯周病に罹患した歯や、永久歯への生え代わりを明らかに阻害しているような乳歯は、抜歯しなければならない状況があります。そのような状況の中で、疾患を正確に診断し、確実に治療することなしに、患者さんの利益は得られないと考えます。
代わりに、患者さんの同意を得ずして、当院による「一方的な治療は一切しない」ということをお約束いたします。患者さんの意向を無視した、歯科医師主導の治療では、成功した時はいいでしょうが、万一、患者さんの意にそぐわない結果になったときには、労多くして益少なくなってしまいます。患者さんへの説明と同意を徹底し、全ての治療には危険と利益があることを理解していただき、お互いに後悔のない治療を心がけたいものです。

主な治療の内容

むし歯(う蝕)ができた際に行う治療は、大きく分けて以下の3つです。

  • 歯冠修復
  • 歯冠補綴
  • 根管治療
歯冠修復

歯冠(しかん)は、私たちが実際に目にしている冠状の歯の部分です。歯茎よりも上側が歯冠です。むし歯によって失われてしまった箇所に詰め物をしたり、かぶせ物をしたりする治療が歯冠修復です。軽度のむし歯であれば、ほとんど削ることなく修復することができます。一方、重度の虫歯になればなるほど、削る範囲が大きくなるため、かぶせ物による治療が必要です。
治療に使用する詰め物・かぶせ物の素材は、さまざまなものがあります。天然歯に近い色合いのもの、耐久性に優れたもの、金属アレルギーの不安を解消したものなど。保険適用できるものと自費による治療になるものなど多種多様となるため、費用面も考慮して患者さんのご意向にあった最善の素材を選択します。

金属も使う→歯を削らなくていい、耐久性、保険が適用になる。
メリットも書きたい

歯冠補綴

補綴(ほてつ)は、歯の形状を整えたり、かぶせ物をしたりすること、そしてそのかぶせ物を支えるために、土台となる「歯根の補強」をする治療です。
失った歯を復活させる、土台の上に被せるもの
歯の神経が失われてしまい、歯冠が弱っている場合に行われることが多く、歯冠修復と比べてもより高度な治療となります。
問題となる「歯」だけでなく、咬み合わせの診断等も含めてお口の中全体を考慮しながら治療を進めます。
当院では、お口の中の状態を可視化できる口腔内スキャナーを駆使して、より精度の高い補綴物を生成しています。※全てではないため

根管治療

むし歯が進行して重度の状態になると、やがて歯の内部にある歯髄(歯の神経)が細菌感染して炎症が起こります。歯髄には神経や血管などが通っており、栄養や水分を歯に供給する役割を担います。そのため、炎症を起こしてしまうと、歯がズキズキと痛むことはもちろん、放っておくと歯の内部や歯槽骨が溶けてしまいます。

精度の高い、マイクロスコープ CT EMR 精度の高い

根管治療とは、この歯髄に侵入した細菌を除去する治療です。自然治癒することはありませんので、早期に治療することが大切です。歯髄を取り除き、歯根の中(根菅)を徹底的に消毒します。根管治療はとても高度な治療で、完全に取り除くことが難しい場合もあります。再び細菌が入り、歯の根の奥深くで炎症を起こすこともあります。再発防止を追求するためにも、さまざまな医療設備を駆使して、精度の高い治療を実現します。

また根管治療をした歯は、歯冠部分がほとんどなくなっているケースも少なくありません。歯根だけしか残っていない場合もあります。その際は新たに土台を作り、人工歯を作る治療を行います。このような人工歯を歯冠継続歯(いわゆる差し歯)といいます。もし差し歯が取れてしまったという方がいらっしゃいましたら、早急に歯科医院を受診するようにしましょう。

被せないとだめ

 

歯を失った方の選択肢

歯冠の喪失

むし歯になった部分が大きい場合、詰め物では修復が不可能なケースが多いです。その際は歯全体(あるいは一部)を覆うように、かぶせ物の治療が行われます。このかぶせ物はクラウンともよびます。また、むし歯によって大きく破損した歯の場合は、歯髄を取り除き、歯に土台を作った後でかぶせ物を作ることもあります。

抜歯や歯周病による歯全体の喪失

歯冠だけではなく、歯根も喪失しているような状態では、歯を失った場所に新たな歯を作り補う必要があります。さまざまな方法があるため、ご自身に合った治療法を選択することが大切です。

ブリッジ

ブリッジは、無くなった歯の両隣の歯を削って土台として使い、それらにかぶせ物を装着して間に人工歯をぶら下げた装置です。名の通り、土台となる歯が端脚となり、間に橋をかけているような形態です。橋渡しした
入れ歯のように取り外しはできませんが、土台となる歯がしっかりしていていれば、安定して噛むことができます。治療時間も比較的短いため、患者さんへの負担は少ないです。何より、保険を使って治療ができるというメリットがあります。
デメリットとしては、土台となる隣の健康的な歯を削る必要があるということです。また、土台の歯がむし歯になってしまった際は、ブリッジ自体を壊して作り直す必要があります。そもそも土台となる歯がないと実現できない治療法のため、抜けた歯の本数が少ない場合に限定されます。

デメリット
2本で3本、1本への負担が大きい
1.5倍の負担
長期間にわたって生じてしまう
デメリット
清掃がしずらい
ボンディング
清掃性が悪い、炎症を起こす

入れ歯

失った歯の場所や本数に合わせて、部分入れ歯を作ることができます。入れ歯のメリットは取り外しができるという点です。比較的、清掃もしやすく、他の歯への負担も少ないです。入れ歯を作る素材にはさまざまなものがあります。保険適用となるものもありますが、自費治療となる素材と比べると、付け心地は劣ります。また、保険の入れ歯は金属のバネが使われているため、見た目が気になるという方も多いです。

咬合力が弱い、よく壊れる

以上のようなデメリットを解消した入れ歯もありますので、ご自身の口腔環境やご希望に合わせた入れ歯の作成が可能です。(詳しくは入れ歯のページへ)

インプラント

顎の骨に人工の歯根を埋めることで土台を作り、人工の歯を取り付ける治療です。インプラントの歴史はむし歯治療よりも古く、現代では世界的にもさまざまなタイプの種類が使用されています。当院では、ノーベルバイオケア社やモリタ社のインプラントを使用しています。

インプラントのメリットは、自分の歯に近い形で噛むことができるという点です。顎の骨に支柱を立てるため、ブリッジとは違う安定感があります。入れ歯のように、ずれたり外れたりする心配もありません。ストレスなく、噛む・話すなどの日常動作を楽しむことができます。デメリットとしては、口腔外科手術となるため、少なからずのリスクを伴う治療であるという点です。また、自費治療となりますので費用も高額となります。

当院では、少なからずリスクを伴う手術となるインプラント治療に対して、より安全かつ精度の高い治療を実現するために、医療設備を整えさまざま工夫をしています。(詳しくはインプラント治療ページへ)

インプラントに限ったことではありませんが、治療後のメインテナンスもとても重要です。ご自身の口腔環境、そして各治療法のメリット・デメリットをよく理解した上で治療法を選択しましょう。

当院では、インフォームド・コンセントを大切にし、一方的に治療法等を提案することはありません。患者さんと真摯に向き合い、できる限りわかりやすく丁寧な説明を心がけています。治療に対して不安なこと、わからないことがありましたら、お気軽にご相談ください。

expand_less